終活体験談

12月から病院が混雑【コロナ終活263】

投稿日:

おはようございます。終活生活263日目。12月15日。

コロナ関連ニュース

コロナ重傷者、全国で592人4日連続で過去最多更新。 死者も最多53人。 人工呼吸器の選択は誰が。 いよいよ現実に。 自身でできることは同じ。 ステイホーム。 通院が不安。

感染者拡大イコール感染予防対策厳重にはならない

通院。病院が12月に入ってから更に混雑。
待ち時間も長く。ソーシャルディスタンスも取れず。逃げ場がない。 
心折れる。
感染予防対策は変わらず。
感染者拡大イコール感染予防対策厳重にはならない。
以前と変わらず。
いつ感染してもおかしくない状態。

10日後にはクリスマス。
今年はお一人様。
何も準備せず。
いつもの生活だけで感謝。
せめて写真だけはと思い、12月1日から以前撮ったクリスマスの写真を載せている。
最後の外食はいつだか思い出せない。
遠い昔のようだ。
以前ステイホームで出前ができるようになり利用した。
最後に食べたのが母のショートステイ利用の前日に食べたうな重が最後だ。
米寿のお祝いにと取ったのが最後だ。
懐かしい。

今日も母の終活決断できず。
手続き先延ばし。

心晴れず。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
皆様の健康を願います。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年5月29日。終活生活63日目。第二波への不安。
デパートも全館オープン。
口腔外科診療始まる。
エンディングノート完成間近。
給付金の書類が届く。
200日後。エンディングノートは修正され、母の入所間近。
200日前の第二版への不安が200日後現実に医療崩壊間近。
コロナ禍長期化。

母の体重増・筋肉回復を願います。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.