終活体験談

看護士の離職【コロナ終活270】

投稿日:

おはようございます。終活生活270日目。12月22日。

コロナ関連ニュース

日本看護協会は新型コロナウィルス感染症の患者を受け入れた病院の2割で看護士の離職があったと言う調査結果を発表した。
感染拡大、重症者数過去最多。
医療崩壊しませんよう願います。

大掃除を始める

連日の通院。明日も通院で心折れる。
待合室の混雑がストレスに。

それでも気分転換に片付けを始める。
ビデオデッキ・ポータブルTV・ポータブルDVD・オーディオ類を全てリサイクル。
不要になった携帯電話のリセットと削除・処分。
いつか使用する・見るかもはやめる。

ビデオ・DVD・USB ・DSカードの削除・処分。

母の終活はまだ決断できず。保留。
コロナの状況による。
コロナ禍の影響は大きい。

大掃除を始める。日用品の在庫確認と処分。
食器類・箸・スプーン・フォーク類を処分。
未使用だがリサイクルできず。
もったいないをやめる。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
皆様の健康を願います。

病院と自宅の往復ではクリスマス気分味わえず。
それでも日常に感謝。
生きている。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年6月5日。終活生活70日目。コロナとどう向き合うか。
緊急事態宣言解除後、初の移動。
学校が開始したので引っ越し準備に追われる。
家具屋では新生活の準備のため混雑。

200日前。コロナと共存で新しい生活がスタートする。
この時は自身も感染予防対策を今まで通り行い共存をスタート。

それでも感染の恐怖が頭をよぎる。
感染したくない。
外部と関わりたくない。
家の中に入って欲しくない。
目に見えない症状が怖い。

200日後。コロナと共存目指していたができなかった。
感染拡大止まらず。無症状者の重篤化。重症者増・死者の数。
コロナ感染中の自宅待機の恐怖。
日常からは感じ取れないニュース。
医療現場だけが真実を知っている。

母の体重増・筋肉回復を願います。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.