終活体験談

緊急事態宣言後【コロナ終活287】

投稿日:

おはようございます。終活生活287日目。1月8日。

コロナ関連ニュース

緊急事態宣言後、国内感染者は過去最多の7776人。先日から205人増。
神奈川で自宅療養の60代男性死亡。安否確認に応答なく。
緊急事態宣言下の神奈川県内ではコロナ患者用の病床が逼迫。
関西でも2週間後には病床なくなる。医療現場は切迫。

今感染したらどうなる。
先が見えない不安。

久しぶりに惣菜作り

1回に5〜6品調理していたが、買い物の回数が減ったので2〜3品に。
具材の種類も少なめに調理。

先日準備していた書類を整理・処分。
終活生活で取り寄せた資料・施設資料等、終活の方向が決まったので処分。

ネットで調べた終活資料も整理して処分。
書類管理スペースが半分に。

母の提出書類を作成準備。

気持ちを切り替え、出来る事から終活進める。
気持ちを追い詰めないように心がける。

もしコロナに感染したら。
ごめん。
終活まだ終わってないから。
迷惑かけるかもと言えるようになる。

以前は迷惑かけたくない。
早く終わらせなくては。
と気持ちにゆとりがなかったが、
コロナ禍の長期化と母の現実の終活で心が追いつかず。
滅入ることも。

心のバランスに気をつける。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
皆様の健康を願います。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年6月22日。終活生活87日目。眼科受診。
日常の中にコロナが当たり前のように存在する日が。
接触確認アプリを登録しても持ち歩かなければ役に立たない。

4ヶ月ぶりに眼科受診。診療20分前に行くが既に駐車場・待合室に入れず。
外出自粛・移動解除になってから曜日・時間帯問わず混雑とのこと。

200日後。接触アプリダンロード数は2310万件とあまり伸びていない。
効果はあるのか。
以前は帰宅すると確認していたが、今は思い出した時確認。
あまり確認していない。

200日前はコロナ禍でも日常が明るかった。
200日後。
コロナ長期化で日常も忍の字に。
それでも感染していない。
日常に感謝。

母の体重増・筋肉回復を願います。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.