終活体験談

コロナワクチン2月中旬に承認【コロナ終活294】

投稿日:

おはようございます。終活生活294日目。1月15日。

コロナ関連ニュース

全国の重症者943人。12日連続で過去最多。
コロナワクチン、順調なら2月中旬に承認。
新型コロナ死者数増加はこれからと専門家が話す。

緊急事態宣言中でも感染者数6605人。2週間後、1か月後は。
感染が収まり、重症者が減る事を願います。

久しぶりに子供と長電話

緊急事態宣言が各地に広がる。
重症者数も急増。
自宅待機人数も急増。
入院できず死亡が各地で。
森田医師が指摘。「日本だけなぜ医療崩壊が起きる」
他国にある機動性が日本にはない。とは。
気になる記事を見つける。

連日のニュースに不安が。
この先どうなる。ワクチンで生活は変わるのか。

昨夜久しぶりに子供と長電話。
感染拡大で心配だが声を聞くだけでほっとする。
「もし感染したらどうなる。」を、お互いの生活を踏まえ話をする。
感染したくない。できない。
今は我慢して耐え忍ぶしかない。
仕方がない。

コロナ禍・ステイホームで時間はあるが不要不急の外出はしない。
感染していないことに感謝で我慢。
軽症でも後遺症が続く。
とにかく我慢。と話す。

朝早くから書類作成。関係者に連絡。
いよいよ終活最終段階に。

年末年始に終活を考えない時間を作ったのが正解だった。
気持ちを切り替えるのには十分な時間だった。

今なら進められる。
焦らず無理なく一つずつ終わらせることにした。

明日は書類がないので25年前の状況を調べに行く。
今日やっとやりたくない作業にかかれた。
できないとわかっているのにやらなければいけないのはきつい。
わかっているのに心が傷つく。

それでも1歩前進。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
皆様の健康を願います。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年6月29日。終活生活94日目。散骨場所。
介護について話し合い合う。散骨場所調べ。母の希望と私の希望。

200日後。母変更納骨堂に。
私の希望はコロナ禍では難しいので再度検討。

200日前は終活情報を整理して準備してきたが、
母のショートステイ利用後は現実の終活に。
現実は心が追いつかず、決断が鈍る。
ストレスも感じる。

母の体重増・筋肉回復を願います。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.