終活体験談

医療現場の状況は【コロナ終活295】

投稿日:

おはようございます。終活生活295日目。1月16日。

コロナ関連ニュース

コロナ医療の限界見た。看護師「切なかった命の選別」
新型コロナの重症患者の受け入れを断った。
病床に空きが出れば直ぐに埋まる状態。
人工呼吸器の管理など看護師の負担は心身ともに大きく。
辞めたい。辞める人も。

緊急事態宣言が広がる中、医療現場の状況は。
医療崩壊は既に始まっているのか。
感染したくない。

25年前の状況を確認しに病院を受診

情報の手違いで確認できず。断念。
それでも1歩前進。

25年前のことなので仕方がないが対応に傷つく。
わかっていたが悲しい。

傷つくのがわかっているのに、最後まで調べるのと、初めから諦める人とは何が違うのだろう。

後者になりたい。

久しぶりに買い物をして帰宅。
緊急事態宣言後なのに人混み。
変わったようには見えなかった。

母に関係する書類が来たので手続きを行う。
入所待機は予定より延びている。

最後の終活に余裕が。
まだ決断できていない。

コロナ禍はいつまで続くのだろうか。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
皆様の健康を願います。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年6月30日。終活生活95日目。6月のおわり。
コロナニュースもいつの間にか日常に。
驚きはなく当たり前に。
母の介護の分担を文章にし再検討。
デザイン障子の作成。

200日後。コロナ禍で変更。母は入所待機中。
200後。コロナニュースも重症者数・死亡者数に。
緊急事態宣言に医療現場逼迫。
コロナ禍の長期化で最終決断できず。

母の体重増・筋肉回復を願います。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.