終活体験談

終活の品を親族に確認してもらう【コロナ終活238】

投稿日:2020年12月4日 更新日:

おはようございます。終活生活238日目。11月20日。

コロナ関連ニュースタイトル

  • 全国の感染2400人超 過去最多
  • 都医師会「GoTo一時中止を」
  • 【世界の感染者数5689万人超】新型コロナウイルス第3波で世界は「新たなレベルの危機」へ突入
  • 新型コロナ感染激増で都医師会「1日1000人になると東京の医療もたない」
感染拡大。緊迫感は戻るのか。 医療従事者様。今日もありがとうございました。

コロナ終活237日目

今日は朝早くから終活の品を親族に確認してもらう。
終了後、母と不動産について今後どのようにするか相談。
話し合いの内容を書面で用意する。

母の着物のリフォームの相談にお店に。
医療機関へ回答の書類をいただきに。
帰りに買い物。
1日中動き回っていた為ヘトヘトに。
それでも2歩前進できたのでよかったです。

夕方より痛みを強く感じる。
今やめるわけにはいかないので体調が崩れませんよう願います。

駐車場で菊展。人がいなかったので鑑賞する。
綺麗なものを見てリフレッシュ。

母の体重増・筋力回復を願います。
ありがとうございました。
皆様の健康を願います。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年5月4日。終活生活38日目。二人分の終活。
病気で変わった家電。
葬儀の資料届く。
自身の立ち位置が決まり二人分の終活。
エンディングノートの作成。

クッション作成。庭の害虫駆除。樹木をデザイン。
コロナ重篤患者。非常事態。

200日前。色々な事に取り組んでいた事がわかる。
200日後の今新たに問題が起こり終活以外でヘトヘト。

終活は時間がかかり、状況が変わると終活内容も変わるので準備は少しずつ長期戦で。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.