終活体験談

葬儀の仕方も様変わり【コロナ終活347】

投稿日:2021年3月27日 更新日:

おはようございます。終活生活347日目。3月9日。

コロナ関連ニュース

国内新型コロナウイルスワクチン総接種回数70,796 3月9日現在。
大手医療機器メーカーのテルモが、特殊な注射器を開発し、今月末に量産体制が整う見通し新型コロナウイルスワクチン、1瓶7回接種できる。

朗報に期待。新型コロナウイルスワクチン接種の人数が増え、
予定より早まる事を願います。

体調の良い時に準備

以前取り寄せた資料を文章にまとめる。

まさかこんなに早く見積もりを取り寄せるとは思いもしなかった。
30社から4社に絞り、まとめる。

緊急事を考え、連絡先・手順をまとめ、
自身ができなくても困らないようにしておく。

コロナ禍で葬儀の仕方も様変わり。
家族葬が増え、小ホールの待機待ち。
以前は火葬場の待機待ちだったが。

家族葬に1日葬が増え、通夜・告別式を一度にし、また、納骨もしてしまうプランが。
精進落としも、品物や食事代で対応や告別式だけで、火葬場は身内だけで。

また、葬儀は身内のみで、法要で後日行う等、色々との事。
また、直葬で炉前法要もあるとの事。

以前は資料を取り寄せ、葬儀の方法等をエンディングノートに記載したが、いざ見積もりとなると、考えていたより、難しい、現実は時間のない中で選択をするので、業者を選ばず行ってしまうのだろう。自身の体調も心配なので落ち着いた中で比較できるので、始めて良かったと思う。健康ならその場で対応できると思うが、自身の状態では無理だ。気持ちも動揺していてて何も手につかないと思う。今だから冷静に考えられる。また自身の終活にとても良い。見積もりは現実に近い体験だ。

そんな中、85歳までなら入れる保険があることも知った。
医療保険だけでなく、葬儀保険もある。

エンディングノートには漠然とこうしたいしか記入していないので、自身の葬儀も見積もりしてみた。自身の事だと割り切れるが、母の事になると母の希望と変わってしまう。残された者の付き合い上とか、親族との今後の関係、母への気持ちでオプションが増えてしまう。

コロナ禍で思い通りの葬儀ができないので、来年・再来年、コロナが収束するまで長生きして欲しい。ステイホームで我慢で終わる人生でなく、人生を満喫してからでも遅くない。

心から願っています。
人生100年。まだまだです。

以前、身体が辛い時、母より先に行きたいと思っていたが、
後3年死ぬわけにはいかない。
だから、一緒に頑張ろう。
面倒な事は準備して、ゆっくり暮らそうではないか。
母の好きなうな重で体力回復を願う。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
皆様の健康を願います。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年8月21日。終活生活147日目。病気は自分持ち
病気は自分自身で闘うしかない。
コロナと共存。選択は自身の判断。

点滴10日目。流石に母も嫌になる。
数回に分けて水分・食事取る。
暑さが和らぐと良いのだが。

快晴。朝顔が見頃。
気持ちにゆとりが。

200日後。何故か時間に追われる。
1日が短く、時間が足りてない。
体調の良い時に準備。

万が一に備えることは不謹慎なのか。
病気と老衰の違い。

主治医との話し合いの日程が決まり事前準備。

老衰について、母と別れた時の状態では想像ができない。
以前話題になった本を思い出す。
「大往生したけりゃ医療とかかわるな」
自然死の話である。

母の気力と体力を応援します。

大往生とは

本人の意思表示ができる時に、治療方針を家族で確認すべきと実感。
エンディングノートの中にある治療・介護行為とは違う現実。

大往生とは、理解の仕方で認識も変わる。

是非、エンディングノートに記載する時に、一度検索してみて下さい。
自身に当てはめた時に、延命治療に当たるのか。
きちんと意思表示を細かく記載しなければと思った。
年齢も関係するのだろうか。

医師からの説明で判断するのは本人もしくは家族なので、認識が違うと方針が定まらない。
できるだけ、主治医からの説明は家族揃ってが良い、一人で判断するのは辛い。
家族の認識が同じなら良いが、違うともっと辛い。

今日も無事に過ごすことができました。
ありがとうございました。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.