終活体験談

人工呼吸器をめぐる治療の選別【コロナ終活290】

投稿日:

おはようございます。終活生活290日目。1月11日。

コロナ関連ニュース

新型コロナウィルスの感染拡大。医療機関の病床の逼迫。人工呼吸器をめぐる治療の選別が始まっている地域も。専門家は今後さらに死者が増えるペースが速まると懸念している。
「薬物治療をしても回復しない場合、人工呼吸器をつけないまま、『最後のとき』を待っている人もいる」。

現場のニュースが一番厳しい。
病院で最善を尽くしてもらえるのと、自宅で待機中に亡くなるのでは過程が違う。同居も孤独も耐えがたい。
考えたくはないが既に医療は崩壊しているのでは。

鏡開き

先日七草粥が終わったばかり。
1月は日が進むのが早く感じる。

感染者数も急増。
現場の声の記事を読むとどうしても慌ててしまう。

早く終活終わらせないと。

生前事務委託に各種の入会。
お金もかかるし、年会費もかかる。
タイミングが難しい。

母の終活もあるので、ストレスに。

もし感染したら人口呼吸器・延命治療も望まない。
痛み・苦しさは除いて欲しい。
それが出来るのは病床が空いていればだ。
自宅待機中に急変しても病床がなければどうにもならない。
最悪を想像してしまう。

感染していない。
日常に感謝。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
皆様の健康を願います。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年6月25日。終活生活90日目。介護について
母の介護について話し合い。
後からデザイン障子の作成。

デーサービス・ヘルパー・リハビリ・入れ歯の調整。
再会の連絡くるがしばらく様子見。

200日後。再開することなく、在宅看護後、ショートステイ利用に。
コロナ禍で入れ歯の治療遅れ体重減に。
在宅看護で点滴を続けるが母の希望でショートステイ利用に。
現在は入所待機中。

200日前と状況は変わる。

母の体重増・筋肉回復を願います。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.