終活体験談

昨年の今頃はイベントに参加【コロナ終活259】

投稿日:

おはようございます。終活生活259日目。12月11日。

コロナ関連ニュース

政府の対策分科会が年末年始に医療崩壊をきたす危険感。 年末年始は1年で最も医療が手薄になる。等。 感染拡大止まらず。不安が。 今後の政府の対策が気になる。

ステイホームで自己防衛

昨年の今頃はイベントに参加。
今年もとても楽しみにしていたが、リスクを考え断念。
イベントは規模を縮小して行った。
来年は行けると良いが。
ステイホームで自己防衛。

体調戻らず。
明日は母の今後について話し合いだ。
心のバランス取れず。

コロナ禍でなければまだずーと先のことだった。
気持ちが追いつかず。
思うようにいかない。

それでも終活生活を始めて良かった。
行って見なければ分からないことが沢山ある。

終活はエンディングノートだけではない。
片付けも生きているうちにどこまで片付けるかだ。
最後は誰かに頼まなければいけない。
誰に頼むかで状況には変わる。

母の終活も同じだ。最後を誰に頼むか。
自身でできる時は良いが動けなくなった時。
その準備はいつ始める。

母はその準備をしていなかった。昔の人だ。

私はそうなりたくない。
後3年。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
皆様の健康を願います。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年5月25日。終活生活59日目。緊急事態宣言全国解除。
200日前。腰痛で起きられず植物・食物破棄。お一人様はつらい。
体調次第で生活が変わる。
200日後。腰用の装具で座位できるように。
200日後。病名が追加。薬も追加。先が見えず。
200日で生活は変わる。
200日後。医療崩壊の危機。
コロナ禍は未だ先が見えず。重症者・死者が増加。
危機感感じず。医療現場だけが現実を知っている。
私のできることは変わらずステイホームをするだけだ。

母の体重増・筋肉回復を願います。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.