終活体験談

終活アプリを見つける【コロナ終活242】

投稿日:

おはようございます。終活生活242日目。11月24日。

コロナ関連ニュースタイトル

  • コロナ時代、世界で最も安全・危険な国・地域とは
  • “有効性95%”コロナワクチン被験者に訊く25の疑問「接種後どんな症状が?」
  • 最新の感染状況議論 厚労省助言組織が会合 新型コロナ
  • 新型コロナ 各国のワクチン発注量
  • 寒冷な場面における新型コロナ感染防止等のポイント
  • コロナ対策で加湿器の需要急増 時代象徴の新商品も
  • 冬のコロナ対策 「加湿器」に注目 乾燥でウイルス広がる恐れ 濡れタオル干しなど工夫も

感染拡大。ワクチン確保。ワクチン副作用。色々な不安が。

終活生活242日目

今日は、先日逃げていた書類を作成。
確認の電話を行う。来週には書類が届く予定。
一歩前進。

書類整理と税金調べ。
時間がかかるし頭が痛い。
感情がうまくコントロールできず。
悩む。
コロナ禍でなければ問題はなかったのに。
今決断すべきなのか。
来年は日常を取り戻しているかもしれないのに。
堂々巡り。母と面談できないのも大きい。

終活で捨ててしまった連絡先。
多方面からいろいろ調べたが見つからず断念。
SNSで探す方法を調べたが一歩踏み出せず。

終活アプリを見つける。
今日もニュースで終活の話題。
コロナ禍で葬儀の仕方が変わる。
お悔やみ・香典もネットで返信・決済。
コロナ禍だからこその新サービス。
日常を取り戻しても定番商品になるのか。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
皆様の健康を願います。

コロナ感染対策に加湿器は必要か

今日からストーブを使用。自宅でラーメンデビュー。

乾燥はウイルスを増殖させるのか。
気温が下がって乾燥すれば免疫力が弱くなって喉などの粘膜のウィルスや細菌の除去機能も下がると言う。
またこまめに清掃して使わないと増殖した菌やカビが空気中に広がり感染症やアレルギーを起こす可能性もあると言う。

とりあえず室内に濡れたタオルを干して様子を見ることに。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年5月8日。終活生活42日目。コロナウィルスへの実感
午前中ミシン。先日届いた書類に目を通しエンディングノートに記入。

未だ実感わかず。
コロナで3年前倒しにしたもののコロナで亡くなる実感がしない。
コロナ感染者の報道は毎日のようにあるが自分がかかる気がしない。
終活を始めた時はいつ感染してもおかしくないと思い始めた。
時間が足りないと急いで行った。

200日前に思った事は今も同じ。
感染者数が連日過去最高。重症者数過去最高。
それでも身近にいないせいか慣れてしまったせいか危機感が薄れてしまった。
感染予防対策は200日前と変わらず。
用事と通院以外はステイホームで感染予防。

200日前は野菜作りとイチジクが豊作と楽しんでいたが、今はコロナ禍で母の状況が変わり楽しむ余裕はなくなり連日書類と向き合う日々。
コロナでなくなる実感がないが終活をしていて良かったと思う。
ただどこまで処分するかが課題である。
なぜなら来年日常を取り戻している可能性があるからだ。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.