終活体験談

もったいないと思ったらなかなか減らせない【コロナ終活254】

投稿日:2021年1月25日 更新日:

おはようございます。終活生活254日目。12月6日。

コロナ関連ニュース

コロナ急増の旭川市自衛隊派遣要請で調整 重症病床、人工呼吸器が必要な患者に限定大阪府が要請 いよいよ医療崩壊になるのか。 経済か医療か。 現実に。

敷物類は必要ない

先日に続き片付け。
再度片付け始めると思いっきりが良い。
前回は処分できなかったが今回は使用して処分と切り替えた。

一度しまった物を出して使って処分する事に。
そう考えると敷物類が必要ない。

以前トイレカバー・敷物類は必要かと書かれた記事があったが、その時は必要と思った。しかし今回はなくても良いと考えられるように。
ただ処分するのはもったいないので使って処分と、考えると楽に物を減らすことができた。

一度もったいないと思ったらなかなか減らせない。
使ったから処分の方が気持ちが楽になる。

衣類等はリサイクル出来るが、新しくても敷物類は難しい。
もったいない。
しかし、母と同居ならこうはいかない。
一人になったからできる事だ。

終活。物を減らすのは難しい。家族がいれば尚更だ。
スペースがないのが一番良い。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
皆様の健康を願います。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年5月20日。終活生活54日目。腰痛でストップ。
今日も動けず。
200日後腰痛用の装具のおかげで少し座れるように。
長時間の座位は難しいができるように。
アルバムを処分する時に携帯で写真を撮っていたので今では何度も昔を振り返れる。

終活をしていなければ見ることはなかった。
200日後の今。感謝しかない。
終活生活して良かった。
ネットは怖いけど。

母の体重増・筋肉回復を願います。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.