終活体験談

病名の追加【コロナ終活255】

投稿日:2021年1月26日 更新日:

おはようございます。終活生活255日目。12月7日。

コロナ関連ニュース

自衛隊看護師派遣。 いよいよか。 医療崩壊しないことを願います。

家具類の処分

通院。先日準備していたお札を納めに行く。来年の干支のおみくじも用意されていた。新しいお札をいただき、参拝する。感謝と未来を祈願する。
お正月の準備。

今日新たに病名が追加された。
ショックだったがなんとなく予感がした。
新しい病院の通院が始まる。
治療が始まる。
2箇所はきつい。1箇所でできないのはコロナ禍ではきつい。
またコロナ禍では病院は選べない。
自車で行けるところでなければリスクが高い。

どのタイミングで生前事務委託をするか。
会員になるか。
年会費がかかるので難しい。

キャンプ用のテーブルを購入したので明日はダイニングテーブル・コタツを処分。

これで家具類は無くなった。ベットだけだ。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
皆様の健康を願います。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年5月21日。終活生活55日目。デジタル遺品。
1パソコン 2カメラ 3ビデオ 4携帯 5iPadについてどうするか書かれている。
200日後。200日前の気持ちに変化。デジタル遺品の重要性に直面したので処分する事に。一つずつデータ消却し破壊。業者に頼む事に。お金はかかるが安心が得られる。
データ量をかなり減らした。
最後は全て処分する予定だ。

生前事務委託をする時に項目に入れる予定だ。

最後はアナログで生きたい。
そのタイミングをどうするか。
いつするかだ。

母の体重増・筋肉回復を願います。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.