終活体験談

酉の市、だるま市の中止が発表【コロナ終活244】

投稿日:

おはようございます。終活生活244日目。11月26日。

コロナ関連ニュースタイトル

  • 感染者 21日以来の2500人超
  • 感染重症 全国で初の400人超
  • 新型コロナの1日の死者29人、最多に迫る

感染拡大止まず。医療従事者様。今日もありがとうございました。

終活生活244日目

今日も朝早くから書類整理。
今まではダイニングテーブルの上に小さな机を置いて立ちながら書類を作成していたのですが先日購入した椅子と腰の装具のおかげで座りながら書けるようになりました。
手の指は変わらずなので音声入力で記入しています。

12時間かけても終わらず。明日も1日中書類の作成になります。
親族との話し合いの日程が決まりました。気が重いです。
それまでになんとか書類の作成が終わりますように願います。

酉の市、だるま市の中止が発表される。
来年の市まで自宅に飾るよう言われるが、今後どうなるか分からないので自身でできるやり方を教わる。
また初詣の混雑を避けるためにあらかじめお札が無料で配られる。

クリスマス・年末年始。今後どうなるか予想できず。
母のショートステイ先が変更。
入所予定の施設のショートステイに移動。
数日後、今後について母と話し合いを予定。
最終確認に。
いよいよエンディングノート完成間近。

やることがたくさんありすぎてパニックに。
コロナ禍での対応は難しい。
早く日常を取り戻したい。

今日も無事終了しました。ありがとうございました。
皆様の健康を願います。

<h3>変わらないもの</h3>

今年も開花しました。
久しぶりに集合。寒くなってきたので動きがなくなる。
餌の回数も減る。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年5月10日。終活生活44日目。母の日
アマビエ・疫病退散の和菓子購入。
お花に野菜、元気にきれいに咲いています。

コロナの影響で出前開始。
母の大好きなうなぎとケーキで母の日を祝う。
家族でお花をプレゼント。

200日前の楽しい様子が思い出される。
200日後の今。
コロナの影響で母はショートステイ利用。数カ月後には入所予定。
多くのものは処分され家の中もスッキリ。味気ない。
あの時の賑やかさは今はない。

時間にゆとりがなく、終活に余裕もない。
急遽決まったショートステイに入所。まだまだ元気なのに。
コロナが収束すれば状況は変わるのに。
今は選択肢がないのが残念だ。
来年、コロナ禍がどうなるのか分からないので悩む。不動産をどうするか。
終活はタイミングが難しい。

お札にお守り、熊手にだるま、仏壇や神棚と別に納めなければいけない物なのでタイミングが難しい。いつ飾るのをやめるか。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.