終活体験談

1月があっという間に 【コロナ終活310】

投稿日:2021年1月31日 更新日:

おはようございます。終活生活310日目。1月31日。

コロナ関連ニュース

武漢、流行当時の環境残っておらず。
専門家は解明の困難さを指摘。
国内感染者2673人。65人死亡。
コロナ変異ウイルスでは初のクラスター。

高齢者の感染が増加。
母の事が心配に。

不安はあるが生きている

1月があっという間に。
通院・検査であっというまに過ぎる。
母の入所も予定より遅れる。入所待機中。

ショートステイ先より連絡。母の様子を伺う。
元気そうで安心する。
1年前は想像できなかった。

終活生活を始めるとも思わなかった。

一人暮らしになるとも思わなかった。

コロナ禍で生活が一転した。

ステイホームにもなれスローライフを送っている。

不安はあるが生きている。

まだ死にたくない。

まだ終活は終わっていない。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
皆様の健康を願います。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年7月15日。終活生活110日目。就職相談・リハビリ科・役所に相談。
終活セミナー・相談会が再開。
感染怖く参加できず。
コロナと共存目指して奮闘中。

200日後。ネットで資料請求して終活調べる。
オンライン終活サービス始まる。
治療優先で再就職見送り。
リハビリ科受診できず。自宅で体操。
緊急事態宣言で手続きできず。

母の健康を願います。
施設内感染しませんよう願います。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.