終活体験談

終活は本人が行えるうちに準備してほしい【コロナ終活240】

投稿日:

おはようございます。終活生活240日目。11月22日。

コロナ関連ニュースタイトル

  • 新型コロナ どうして、これほど「無症状」感染者が多いのか?
  • 新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について

政府の対応は。今後どうなるのかわからない。
先が読めない。
自身で対策を。

コロナ終活240日目

午前中朝から冷凍野菜を使って惣菜の仕込み。
今年最後の栗。
午後から親族と文章を確認。

久しぶりに夕方までゆっくり過ごす。
やらなければいけない書類は明日に先延ばし。
イヤイヤ行っても頭に入らない。

なるようにしかならない。
あがいてもしょうがない。
まーいいか。
にできればいいのだが。

自身の事でないし。
色々な関係があるので大変。

終活は本人が行えるうちに準備してほしい。
また、周りも早めに頼んでおくべきだ。
当事者が決め、当時者の言葉で話すべきだ。
コロナ禍で施設で面談できないのが問題に。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
皆様の健康を願います。

メダカに感謝
泳いでいる姿に癒される。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年5月6日。終活生活40日目。パン作り
エンディングノートに記入した事を打って印刷。

コロナに負けず、未来を信じ、一人一人の頑張りで感染者ゼロに。
早く日常を取り戻しましょう。
200日前の言葉。

今では経済優先、コロナと共存、コロナ感染者過去最多。
感染拡大のため、再び政府対策に乗り出す。
今後どうなるか先が見えず。

終活が忙しくなり。生活にゆとりなし。
200日前が懐かしい。
終活はしていたがステイホームを楽しんでいた。
終活に勉強はなかった。
今は不動産・税金・司法書士関係で時間がない。
調べる事が沢山ある。

天気がいいのに気分は晴れず。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.