終活体験談

コロナが確認されてから1年が過ぎた【コロナ終活300】

投稿日:

おはようございます。終活生活300日目。1月21日。

コロナ関連ニュース

感染拡大。各地で。
病床逼迫。自宅養療者増加。
クラスター各地で増加。

緊迫したニュースが続く。
ステイホームで感染予防。

コロナ収束を願う

2020年1月16日にコロナが確認されてから1年が過ぎた。
まだこの時は未知の病気で治療方法などがわからなかった。
連日のニュースは他人事だ。

今ではワクチンもでき来月には接種可能に。
オリンピックは開催されなかったが世界中でワクチン接種がはじまった。
世界中の人々がコロナ収束を願い、耐え忍んでいる。
世界の絆でコロナ収束を願う。

終活生活は外出自粛で自宅内の整理を再度見直している。
ワクチン接種に備え更に終活が加速する予感。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
皆様の健康を願います。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年7月5日。終活生活100日目。東京都知事選。
コロナと共存。各地で感染。
「コロナで死なない」は人生の目的ではない 和田秀樹さんが語る。
リスクをどう考えるか。
コロナ感染者を非難する社会から、受け入れる社会へ。
コロナとどう暮らすか。

200日前。リスクと向き合えずモヤモヤする日々を過ごす。
200日後。社会に出るがリスクが怖くてステイホーム継続。 

後3年。「コロナで死なない」が目標になっている。
ワクチンの効果に期待。

母の健康を願います。
施設感染しませんよう願います。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.