終活体験談

一定期間で抗体が減る【コロナ終活333】

投稿日:

おはようございます。終活生活333日目。2月23日。

コロナ関連ニュース

8月に感染した患者、半年過ぎてまた感染。一定期間過ぎると抗体減る。
国内総接種回数11,934 22日時点。
高齢者ワクチン接種本格化は5月以降。

新型コロナワクチン接種1ヶ月遅れか。

曜日感覚が麻痺

今日は朝早くから昨日の確認の連絡。
電話してみたら祝日だった。
連日の忙しさに曜日感覚が麻痺。
ステイホームも長引き、時間が足りない。
気持ちが焦るが手続き出来ず。

コロナワクチン接種予定よりずれ込んでいる。
いつ日常を取り戻せるか。

先月の書類整理を行う。ずれ込んでしまった。今月も後少し。
まだまだやる事が多い。
終活は時間がかかる。
生きているうちにするのは大変な事だ。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
皆様の健康を願います。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年8月7日。終活生活133日目。何をするか
コロナ禍で不安で過ごすより。ステイホームで何をするか。
200日前。この頃はまだ、先が見えていた。
コロナ以外は未来の生活が見えていた。
コロナ禍で不安はあったが、日常は変わらなかった。

200日後。生活は変わった。
母の入所で未来が読めず。
終活をどう終わらせるか、日々悩む。
コロナ感染の不安は変わらないが。
コロナワクチン接種に期待が持てる。

母の健康を願います。
差し入れの商品が品切れ。
こだわりがあるので代替え品に悩む。
それでもネット通販はありがたい。
施設内で楽しんでいる事を願います。
後悔していません事を願います。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.