終活体験談

国内ワクチン総接種回数11,934【コロナ終活334】

投稿日:

おはようございます。終活生活334日目。2月24日。

コロナ関連ニュース

国内ワクチン総接種回数11,934。2月22日時点。

生活が変わる事に期待。

通院。痛みの伴う治療は行く前から憂鬱に。

そんな時に一つの記事に励まされた。

人を励ますつもりで始めたのに#コロナを生きる言葉集
今日もがんばろうぜ!

記事を読んで涙が出た。

今も休めずに頑張っている人達がいる。
理由は色々だが、今日を生きている。

通院前に手続き確認の電話。
色々な担当に電話をまわされ時間だけが過ぎて行く。

めんどくさい・大変、色々な感情が渦巻く。
疲れた。電話を切るといつも思う。

また、新たな書類の申請をやらなければいけなくなった。
しんどい。気持ちのコントロールがうまくできない。
病気のせい・薬のせい。

これで終活がまた伸びた。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
皆様の健康を願います。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年8月8日。終活生活134日目。発熱と肺の検査
病院のコロナ感染対策が以前より厳重に。
発熱と肺の検査でダブルチェック。

200日前。この日はを境に生活が変わった。
思い返すのも悲しくなる。

コロナ感染予防で歯医者の受診が遅れ入れ歯に不具合が。
母自身も治ってから食べると頑固に。
体重が20Kgだいに。
熱中症も心配になり、在宅で点滴開始。

歯車が狂い始めた。
順調にに進んでいた2人の終活も先が見えなくなる。

母の介護は思っていたより、体力が必要。
持病と母の介護で身も心も崩れ始めていった。

200日後。母はショートステイ利用で入所待機中。
面会も12月を最後にできていない。

母の選択だったが、後悔はしていないのか。

自身の持病も悪化し、コロナ禍でリハビリも再開出来ず。
持病も合併に併発と内服が増えた。
ステイホームも長引き、通院と手続きの用事の往復と買い物。
買い物も以前のようにはいかず、食材もマンネリに。

それでもコロナに感染していない事に感謝し、一人暮らしを始めた。

終活も終わりが見えず。悩みに結論がでない。

母の健康を願います。
施設内で楽しんでいる事を願います。

痛み

痛みは気持ちを弱くする。

痛みに強い・弱いでは無く。

痛みを繰り返していると気持ちが弱くなる。

もういいです。

その時の痛みではなく。

長く続いた痛みとこれからも起こりうる痛みに対して気持ちが弱くなる。

痛みが過ぎ去れば、過去の出来事のはずが、

脳は記憶してしまう。

気持ちの強い人は、どう対応しているのだろうか。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.