終活体験談

接触が怖いためモノを処分【コロナ終活253】

投稿日:2021年1月25日 更新日:

おはようございます。終活生活253日目。12月5日。

コロナ関連ニュース

感染拡大に歯止めがかからず。全国で感染者2508人。重傷者は520人。過去最多。 経済か医療か。 個人で感染予防をしっかり行えば変わるのか。 何故以前のような危機感が生まれないのか。

処分を進める

片付け進める。外出ができないので物を減らす。
一度整理したところを再度見直す。
衣類を見直す。リサイクルに回す。
いつか使うと取っていた物を出して使用していた物を処分。
ジモティも考えていたが接触が怖い。結局全て処分に。

先日初詣の分散のニュースが。
神棚の掃除に。古いお札の準備。
次回通院日に初詣を済ませる事にする。
お正月飾り・鏡餅もその時揃える事に。

仏壇・神棚を今後どうするかも課題。
その前にクリスマスがあるがステイホームでおひとり様だ。
毎年家族・友人と楽しむのだが今年はおひとり様でどこまでするか未定。
子供達には申し訳ないが各自で楽しんでもらう。
プレゼントだけは前倒しで郵送する。
なんだか味気ない。

医療崩壊だけはなってほしくない。
医療従事者様。今日もありがとうございました。
皆様の健康を願います。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年5月19日。終活生活53日目。腰痛が悪化。
腰痛悪化で何もできず。
デザイン障子が灯りをつけるとステンドグラスのように透けて見える。
心が和む。

200日後。今でもデザイン障子に心温まる。
見るだけでほっとする。
知人に感謝。一人ではできなかった事だ。
ネットの凄さを知った。無限の可能性を。

今はネットが怖い。

少しの期間で感じ方が変わる。

コロナへの感じ方は200日後、どうなっているのだろうか。

母の体重増・筋肉回復を願います。
医療崩壊しませんよう願います。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.