終活体験談

同居不可能【コロナ終活260】

投稿日:

おはようございます。終活生活260日目。12月12日。

コロナ関連ニュース

コロナ重傷者578人過去最多。 医療現場の声がニュースに。 医療崩壊が現実になるのか。 人工呼吸器の選択は。

現実になると心が揺れる

母の今後について話し合い。
直接母に確認する。
気が重い。
自身の体調も悪く心が追いつかない。

コロナ禍でなかれば同居が可能なのに。
選択肢が狭まる。

話し合いも思いの違いからすれ違う。
心が傷つく。
現実になると心が揺れる。
現実は厳しい。
これが本当の終活だ。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
皆様の健康を願います。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年5月26日。終活生活60日目。変更手続き完了の書類。
エンディングノートの修正。庭の手入れ。
200日前。終活生活とステイホームを上手に行っていた。
あの時はまだ現実がわかっていなかった。
コロナで生活が変わるとは。

200日後。母の入所の準備をしているとは思わないだろう。
あの時が懐かしい。

母の体重増・筋肉回復を願います。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.