終活体験談

お土産の工芸品、処分をどうする【コロナ終活246】

投稿日:

おはようございます。終活生活246日目。11月28日。

コロナ関連ニュースタイトル

  • 全国で2600人超感染 過去最多
  • 病床使用率、40都道府県で悪化 重症者用、東京50%・大阪49% 新型コロナ
今後の政府の対応に注意。

終活生活246日目

ショートステイ先より書類が届く。
母の今後について親族と話し合い。
気が重い。まだ早い。

車に積んであった処分品を少し片付ける。
昔お土産で買った工芸品がたくさんあり処分をどうするか悩む。

久しぶりに夕焼け空を見た。
きれいだ。
コロナ感染拡大していて終活を急がなければいけないのだが、
コロナ禍に慣れすぎてしまったせいか気が進まない。
もし自分がコロナに感染してしまったらと思うと今の状態では良くないのはわかっているが生前事務委任契約はまだ早いような気がして。
躊躇。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
皆様の健康を願います。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年5月12日。終活生活46日目。昨日の続き
解約・見直し・書類整理。
コロナ禍の実感ない。

200日前も書類の整理をしていた。
感染拡大をしているものの身近にいないせいか実感わかない。
200日後の今も同じだ。

母のショートステイや入所でもう一度解約・見直し・書類整理をしなければならなくなった。
それでも200日前に書類を整理していたため確認だけで済むのがありがたい。
200日前も今も書類を整理するのが大変だ。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.