終活体験談

大晦日から元旦の終夜参拝を取りやめ【コロナ終活265】

投稿日:

おはようございます。終活生活265日目。12月17日。

コロナ関連ニュース

明治神宮、大晦日から元旦の終夜参拝を取りやめる。
初詣の分散参拝を呼びかける。
いよいよ年末年始間近。
感染拡大止まらず。
クリスマスの点灯にも影響。
何事も無事に済みますよう願います。

玄関でも感染が怖い現状

ネット工事。玄関だが感染が怖い。出来るだけ扉を開けておく。
終了後には除菌。
それでも落ち着かず。
感染が怖い。
コロナと共存を目指していたが、ここまで感染が拡大すると共存は難しい。
ステイホームでやり過ごす。

母の書類の手続きを済ませる。年内に届くか。
明日は通院2回目。薬の効果確認。
憂鬱に。

母の終活。母の物に名前を記入。
こだわりが強いので全て渡す。
処分する物は次回引き取りに。
コロナ禍の影響で一緒にできない。
本人が確認できる状態でよかった。

現実が近づいて来る。
実家をどうするか。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
皆様の健康を願います。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年5月31日。終活生活65日目。5月の終わり。
花火屋さんが粋な企画。皆様の希望のせて大輪の花が大空に輝く。
6月には納骨堂・散骨場所・行政書士探しが始まる。
終活セミナーにもいちど参加したいと思う。

200日後。母の気持ちが変わり見学は行わず。
ショートステイ利用・入所利用になった為修正。

終活セミナーも実現できず。

母の体重増・筋力回復を願います。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.