終活体験談

保健所の業務・病床の逼迫【コロナ終活303】

投稿日:2021年1月30日 更新日:

おはようございます。終活生活303日目。1月24日。

コロナ関連ニュース

緊急事態宣言の都府県で入院・宿泊療養等の調整中が1万5058人。
保健所の業務・病床の逼迫が続く。

連日のニュースがストレス

久しぶりにゆっくり過ごす。
ステイホームで感染予防。
連日のニュースがストレスに。

通院回数は減らせず。
帰宅後感染対策をしっかり行う。
昨日不織布マスクを購入。在庫はあるが値段少し上がる。

コロナ変異株が不安。
施設内感染・クラスターが増えてきたので心配に。

後悔しないよう。コロナと共存は自身の選択でお願いする。

緊急事態宣言中で処分・リサイクル・手続きできず。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
皆様の健康を願います。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年7月8日。終活生活103日目。感染者アプリ登録3人。
アプリ陽性患者3人。
被災地の皆様の健康を願う。
回答待ち。

200日後。感染拡大が現実に。
後悔しない選択を各自で行ったので良かった。
コロナ感染予防対策は各自で行う。
選択は自身で。

母の健康を願います。
施設感染しませんよう願います。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.