終活体験談

決断が迫られる【コロナ終活345】

投稿日:2021年3月27日 更新日:

おはようございます。終活生活345日目。3月7日。

コロナ関連ニュース

2月23日現在、世界保険機関によると、世界で新型コロナウイルスワクチンの開発は250種類、約70種類が人に投与する臨床試験が始まっている。針を使わないワクチン、鼻スプレー・飲むタイプの開発も進んでいる。

全ての人に届く事を願っています。
関係者の方々に感謝です。
不安から安心・期待に。

母の今後について

主治医・母・兄弟を交えて話し合う事に。
その結果で、また状況は変わる。

コロナ禍で医療関係者も大変な時にありがたい対応に感謝。

食事を取れない限り、ショートステイや施設では対応が難しい。
施設で点滴が受けられる所を探すか、、、

決断が迫られる。
辛い決断だ。
誰かの一言が重たい。
私は言いたくない。
コロナ禍でなければ、、、
選択肢が狭まれるのがとても悔しい。

私の一言で選択肢が広がる。
感染リスクをどう考えるか。私次第。
私の天命は。

子供達への想い。
母への想い。
自身の疾病に。

悩まされる。

頭で覚悟を決めるのは簡単だ、身体がどう受け止めるかが心配だ。
やってみなければわからない。
内服・副作用と一緒だ。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
皆様の健康を願います。

おすすめ記事

コロナ終活振り返り

2020年8月19日。終活生活145日目。福祉用具をレンタル
点滴一時中止。食事・水分が取れるように。
運動量が減り筋力低下が心配。
福祉用具をレンタルする前に試せるのでありがたい。
ネット通販では難しい。
機能低下は本人しかわからない。
無理に既製品を試しても、高齢なので無理がかかる。
また、母にあった椅子を既製品で探すのは難しい。

200日後。日程調整して主治医と今後について話し合い。
コロナ禍でなければ自宅介護が可能なのか。
どうすれば良いのだろうか、決断が迫る。

母の気力回復と健康を願います。

癒し

目の前で優雅に泳ぐ姿に救われる。
心穏やかに過ごしたい。
今日も無事に過ごす事ができました。
ありがとうございました。

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。

コロナ終活
コロナで終活早めました【終活体験談】

「コロナで終活早めました」とは "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未知 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

不用品買取業者 1

これまでの不用品処分に関しては、個人的にできる方法を羅列してみました。 住んでいる町で処分する方法 メルカリで販売する方法 ジモティーで譲る方法 個人でやる作業については、どうしても手間がかかってしま ...

-終活体験談
-, , , ,

Copyright© 終活を始めたい時に読むサイト , 2021 All Rights Reserved.